労務トラストは、中小企業のストレスチェックをサポートします

合同会社労務トラスト
tel
お問い合わせはこちら
中小事業者に特化したストレスチェックセミナーに参加しませんか?人手不足でもストレスチェック導入を徹底サポートします。

合同会社
労務トラスト

中小企業の経営者・人事労務担当者を対象に、ストレスチェックの導入と運用、メンタルヘルス不調者・休職者対応、ハラスメント対策などをフルサポートしている会社です。

* 西日本集中豪雨による被害のお見舞い *

7月5日以降の西日本における豪雨により被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。
また犠牲になられた方々とそのご遺族の皆様に心よりお悔みを申し上げます。
一日も早く被災地が復旧されることをお祈りしております。

医療専門職による専門職のためのこころのお医者さん
会員制口コミサイト【M リスト】

URL ご案内のお申込みはこちら

 

2018年 最新セミナー情報


セミナー開催予定


8月7日(火)10:00-12:00
今さらきけない!これならできる!「ストレスチェック導入のための基礎セミナー」
講師:近藤雅子


8月21日(火)10:00-12:00
「ストレスチェック実施後の対応 組織分析の結果のみかたと活用方法」
講師:近藤雅子


8月24日(金)14:00-16:00
「職場のハラスメント対策 基礎講座」
講師:近藤雅子

参加費:5,000円(顧問先は 3,000円)
会場 :〒108-0074
東京都港区高輪3-25-22
高輪カネオビル 8階
⾼輪倶楽部セミナールーム(品川駅徒歩2分)

セミナー開催予定のPDFはこちら

お申し込みはこちら

書籍のご案内

長時間労働是正の現実解2017/06/07 弊社村上が「長時間労働是正の現実解」を出版しました。目次

〔新訂版〕職場のメンタルヘルス100のレシピ

弊社の顧問である大西守産業医が編集を担当しました「職場のメンタルヘルス100のレシピ」の新訂版が発売されました!
メンタルヘルスに関する業務で遭遇する疑問や悩みの解消・解決の糸口を、100項目(Q&A形式)で提供しています。
メンタルヘルスに関わる方なら必見の一冊です!

長時間労働是正の現実解

弊社の近藤雅子が執筆に参加しました「メンタルヘルス・マネジメント検定II種・III種テキストー問題集」の増刷が決定しました!
アマゾンのレビューでも高評価を頂いております。ストレスチェックの義務化、ラインケア、セルフケアについての説明が分かりやすくまとまっていると読者の方からコメントを頂きました。是非ご一読ください。

購入のご希望はこちら

講演予定

2018/09/07
弊社の村上が、岩手県看護協会の研修会、平成30年度認定看護管理者教育課程セカンドレベルにおいて「労働関係法規の理解と看護管理の実務」について講義を担当致します。
2018/06/13
弊社の村上が、全国自治体病院協議会の看護部会研修会にて講演致します。テーマは「働き方改革と労働基準法・労働基準監督署の役割」です。
2018/05/25
弊社の村上が、神奈川県看護協会にて研修を行います。
2017/11/25
弊社村上が、幕張メッセで開催される「第12回 医療の質・安全学会」学術集会に参加します。「病院に労基署が来た!?」のテーマにて「労基署の仕事」についてお話いたします。(国際会議場 第一会場10:40〜)
2017/11/16
弊社村上が、「富士通ゼロックス・基幹システムフェア2017」にて講演します。テーマは「長時間労働対策の具体的な方法と今後の労基法改正の動向」についてです。
2017/11/11
弊社近藤が、国際EAPコンサルタント(CEAP)養成講座で、テーマ:「EAPアセスメントとDSM」についてお話しします。
2017/10/11
弊社近藤が、池袋労働基準協会主催「メンタルヘルス対策実務研修会」(平成29年10月11日開催)で、テーマ:「ハラスメントによるメンタル不調とその対応」についてお話しします。
2017/10/03
弊社村上が、全国4会場(10月3日静岡・10月17日東京・11月2日札幌・11月13日広島)で、株式会社オービックビジネスコンサルタント主催「奉行フォーラム2017」で、「あと1年間で中堅・中小企業が必ず実現できる働き方改革の決定版。企業事例から陥りやすい落とし穴と本質を見抜く!」についてお話します。

経営者・人事労務担当者さまへ

あなたは、今、次のような問題に直面していませんか?

  • ストレスチェックの実施者実医業務を産業医に依頼したら断られた
  • EAP(メンタルヘルスサービスを提供する会社)に問合せたが、従業員数が少ないことなどを理由に断られた
  • 人手不足でストレスチェックの実施事務従事者を任せられる社員がいない
  • 社員に実施事務従事者を任せた場合、ストレスチェックの結果が社内に漏れるのが心配だ
  • ストレスチェックの導入にあたっては衛生委員会で議論する必要があるが、開催したことがない、または、しばらくやっていない
  • 社内規程の整備・スケジュールの作成など色々やることが多いがどのように進めれば良いかまったく分からない

ストレスチェック実施までには、様々な高いハードルがありますが、平成28年11月30日までに第1回目を行わなければなりません。

「ただでさえ忙しい中で、一体どうしたらよいのかわからない・・・」
「このままでは、11月までに間に合わない」
「誰も手伝ってくれないし、誰に相談したらよいのだろうか?」

実は、多くの中小企業の経営者・人事労務担当者が、同じような問題を抱えて悩んでいます。

労務トラストは、5年以上前からストレスチェック、組織分析および職場環境改善活動のサービスを顧問先様限定で提供していましたが、特に最近多くの中小企業の方々から前述のようなお悩みごとを聞くようになりました。

そこで、これまでの経験をふまえストレスチェックの実施体制を構築することが難しい、また人手不足で事務担当者を確保できない中小企業を対象にストレスチェックの支援をすることにいたしました。

中小企業に特化したサービスだからこそできることがあります

労務トラストは、中小企業のストレスチェックに関する次のお悩みごとを解決することができます。

【実施者・面接指導医に関する問題】

「日頃お世話になっている産業医の先生であっても、実施者・面接指導医を断られてしまう場合があり、多くのご相談をいただいております。「ストレス」という言葉から、「自分は専門外でよくわからない」と言われてしまうのです。
そのような場合でも労務トラストなら安心です。
「実施者込みのストレスチェック」で、「面接指導医ご紹介サービス」もご用意しています。

【従業員数が少ないことによる問題】

大手企業のEAPサービスでは、採算性の問題から対象人数を300名以上にしているケースがほとんどです。
しかし、労務トラストでは、原則として300名以下の中小企業様を対象にしておりますのでご安心ください。

【人手不足による問題】

人事労務担当者がひとり何役もこなす状況では、今の業務に加えて実施事務従事者を兼務することは、業務負担だけでなく精神的な負担も大きいでしょう。実施事務従事者は、全従業員のストレスチェックの結果を知ることができますが、法律で守秘義務が課されていますので、たとえ自分の上司から社員のストレスチェックの結果を教えるように迫られても断らなければなりません。これは実施事務従事者となった者にとっては大きなストレスになります。
労務トラストは社会保険労務士事務所の代表者が役員として運営する会社ですので、事務処理および情報管理のノウハウがあります。
実施事務従事者の業務も代行いたしますので、人事労務担当者の事務・精神的負担を大幅に軽減いたしますし、ストレスチェックに関する情報管理も安全に行っていきます。

【衛生委員会の運営に関する問題】

本来、労働者数50名以上(派遣労働者を含む)の事業所では月に1回以上の衛生委員会の開催が義務付けられていますが、数カ月に一度、場合によっては数年間開催していないケースも見受けられます。
そうなると、どうやって委員会議事を運営すればよいのかさえ分からないこともあるかもしれません。
労務トラストでは、記載されてある通りに進行、記録を残せばストレスチェック導入に必要な衛生委員会の実施ができる『衛生委員会開催マニュアル』を標準サービスでお渡ししています。
また、オプションになりますが、衛生委員会への同席を行い、各種のアドバイスを行うサービスもございます。

【書類準備の問題】

ストレスチェック導入にあたり、社内規程その他さまざまな書類を作成する必要もあります。厚生労働省のホームページなどを調べながら一から作成するのはとても大変です。一方、外部リソースを活用すれば、別途料金が発生します。
労務トラストでは、そのような労力を軽減するために必要なすべての書類のフォーマットをご提供します。空欄に貴社の情報を書き入れるだけで必要書類が完成するので、誰でも作成できます。

労務トラストが提供する標準サービスで、経営者・人事労務担当者が抱える問題は解決できます

もちろん、実施後に必要な「検査結果等報告書の作成・労働基準監督署への提出代行」までも標準サービスには含まれます。
多くの時間と労力、そして知識を必要とする準備作業と実施事務は、すべて労務トラストにお任せいただけるということです。

参加すれば「自社のストレスチェックの実施方法」が分かるセミナーを開催します

労務トラストでは、従業員300名以下の中小企業向けの「ストレスチェック対策セミナー」を開催しています。このセミナーでは、制度概要をはじめ、実施してからではないと分からない問題点まで、あらかじめ知っておくべきことをご説明します。
労務トラストの講師は、行政・業界団体・企業からの依頼で多数のセミナーを担当した実績があります。「わかりやすい」と毎回大変ご好評いただいております。
ですので、この説明をお聞きになっただけで自社において対応できるかもしれません。しかしそれはみなさま方のお役に立ったということですので、私たちにとって大変嬉しいことです。
日本の中小企業の健全な発展が私たちのポリシーなのですから。

セミナーに申し込む

講師紹介

講師紹介

社会保険労務士法人 迫田・村上リーゼンバーグ
所長 村上 剛久

 

【現職】

・合同会社 労務トラスト 執行社員
・社会保険労務士法人 迫田・村上リーゼンバーグ 代表社員
・独立行政法人 労働者健康安全機構 東京産業保健総合支援センター
メンタルヘルス対策促進員

 

【プロフィール】

行政・業界団体・企業からの依頼を受け、
経営者・管理者向けにメンタルヘルス対策セミナや勉強会を年60回以上開催しています。
セミナーに参加した中小企業の経営者からは今までに聞いたこと(考えたこと)がなかった!?』というコメントを残すほどにメンタルヘルス対策と労務管理を一体化した社労土ならではの視点でリピート講演依頼が殺到中です。
ストレスチェックに関しても5年前から中小企業向けにサービスを提供し、ストレスチェックの導入・実施、高ストレス者の対応さらには職場環境改善まで広くサポートしています。

ストレスチェック説明会にご参加いただいた方の特典

ご参加いただいた方には、以下の特典をお持ち帰りいただきます。

  • 持ち帰り用説明資料
  • ストレスチェック導入チェックシート
  • 衛生委員会議事録ひな形


【特典① 持ち帰り用説明資料】

説明会に参加し、ストレスチェックに対する理解を深めても、会社に戻って経営者に説明するのは難しいものです。そこで、経営者が一読しただけでストレスチェック制度や実施にあたっての課題が分かる説明資料を特典として差し上げます。これを経営者に一読していただくだけで補足の説明は不要です。ポイントをギュッと絞ってまとめましたので、ぜひご活用ください。


【特典② ストレスチェック導入チェックシート】

ストレスチェックを実施するためには、やらなくてはならないことが沢山あります。 あなたの会社の現状をシートに記入していくだけで「何が足りないのか?」そして「何をするべきか?」がハッキリわかります。これにより取り組むべきポイントが明確になり、最小限の労力・時間で準備ができます。


【特典③ 衛生委員会議事録ひな形】

衛生委員会を開催したことがない、しばらく開催していない場合、どのように議事録(記録)を作成してよいのか分からないのではないでしょうか?実は、ストレスチェックを実施する前に衛生委員会を開催して必要な事項を定め、その記録を残すことが義務付けられています。特典として議事録のひな形を差し上げますので、衛生委員会ではこのひな形どおりに議事を進行され、記録を残せば大丈夫です。

まずはセミナーにご参加ください

私たちがプロフェッショナルとしての観点からまとめあげたセミナーは、中小企業が知っておくべきことを、実際の実務の流れに沿ってわかりやすくまとめてあります。正直申し上げると2時間のセミナーでお伝えする内容は、一般の方が10時間以上かけて勉強しても得られる情報量・質ではないと自負しています。
また、セミナー会場には経験豊富な社会保険労務士、臨床心理士、精神保健福祉士および産業カウンセラーが参加しております。
個別のご相談にも応じることが出来ますので、セミナー中で解決しなかった疑問や不安点もその場で解決できます。
是非、この機会にご参加いただき、みなさまが抱える問題を解決してはいかがでしょうか?

セミナーに申し込む

受講者の声

・とてもわかりやすいセミナーでした。今後の制度導入がイメージできるようになりました。

・実施者、実施事務従事者、面接指導者、トータルでお願いできることがわかり、気分が楽になりました。

・思っていたより、準備に時間がかかることがわかった。
やることが明確になったのでよかった。お見積もりをお願いしたい。

どうぞお気軽にお問い合わせください