労務トラストは、中小企業のストレスチェックをサポートします

合同会社労務トラスト
tel
お問い合わせはこちら

ストレスチェックとは?

合同会社 労務トラスト » ストレスチェックとは?

ストレスチェック制度の概要

労働安全衛生法が改正され、2015年12月から、企業におけるストレスチェック制度が義務化されました。

具体的には以下のような概要となります。

対象企業

50名以上の「事業場」に対して、ストレスチェックを行う義務が発生します。50名未満は努力義務となります。

対象者

以下の条件にあてはまる者が対象となります。

  • 健康診断と同じく、1年以上雇用予定で、1週間の所定労働時間数が通常労働者の3/4以上の者。
  • 受検機会は与えなくてならないが強制はできない。

実施数

年一回の実施となります。1回目は、2015年12月から2016年11月までに実施するよう、定められています。

以上、労働安全衛生法第66条の10(2014年6月)・省令、告知、指針(2015年4月)・実施マニュアル(2015年5月)より

ストレスチェック制度の目的

メンタルヘルス不調の未然防止のためのセルフケアが、本制度の主目的となります。

制度の目的

社員・企業がストレス状態に気づき、対処・改善することによって、 うつや休職などのメンタルヘルス不調を未然に防止する目的があります。これをセルフケアあるいは一次予防といいます。

また組織分析も行い、職場環境改善につなげるという目的もあります。

メンタルヘルスの3段階の予防

  • 「一次予防」・・・メンタルヘルス不調となることを未然に防止する
  • 「二次予防」・・・メンタルヘルス不調を早期に発見し、適切な対応を行う
  • 「三次予防」・・・不調となった労働者の職場復帰を支援する

ストレスチェックの調査内容

事業者は常時使用する労働者に対し、1年以内ごとに1回、定期に、次に 掲げる3つの事項について検査を行わなければならないと、省令第52条の9に定められています。

  1. 職場における当該労働者の心理的負担の原因
  2. 当該労働者の心理的な負担による心身の自覚症状
  3. 職場における他の労働者による当該労働者への支援

どうぞお気軽にお問い合わせください